総務省がPHSでのハーフレート方式についての改正案公開&意見募集、ウィルコムが採用を検討へ


総務省がPHSでのハーフレート方式の導入を可能にするために関係する規定の改正案を公開し,意見の募集を開始した。これに対して,ウィルコムは改正案を精査して意見を提出するとともに,ハーフレートを採用したサービスについても検討中だという。今後さらなる加入者増加やデータ通信の速度上昇などを考えると重要になりそうなので是非とも。と同時にできれば「高度化PHS」にあった広帯域化も検討してくれると嬉しいですね(≧▽≦)ノ


2 thoughts on “総務省がPHSでのハーフレート方式についての改正案公開&意見募集、ウィルコムが採用を検討へ”

  1. スロット飛ばしは以前AIR-internet-EDGEで知ったのですが、AX420AL等のBPSKの音声通話
    http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/rx/420al/index.html
    との違い(メリット)ってなんでしょうかね?
    BPSKの音声通話のメリットは、屋内の音声通話の改善
    http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/event/26661.html
    > わかりやすく説明すると、基地局のアンテナ出力が、従来よりも3.7倍の出力になるのと同じ効果が得られる。
    http://journal.mycom.co.jp/articles/2005/07/13/wj2/index.html
    > 現時点では「トラフィックの約8割が室内からとなっている」という。そのため現在のエリアの強化は「いかに屋内に電波を浸透させるか、それ1本に絞っている」
    と思うのですが……収容ユーザ数増強だけでしょうか?

  2. 今日のウィルコムニュースぅ!

    ●[es]、今買うかちょっと待つか(itmedia) 販売ランキングでましたよ~…

あ、そうだ機種変更しよう へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください