国内メーカーの携帯電話出荷台数比較――2012年度実績および2013年度目標


国内メーカーの携帯電話事業が苦境に立たされています。現在、ソニー(ソニーモバイル)や京セラ、シャープ、富士通、パナソニック、NEC(NECカシオ)あたりが行っていますが、NECがスマートフォン事業から撤退、パナソニックも事業見直しを検討中と風前の灯。シャープは少し改善の兆しもありますが、会社自体が危うく。富士通も仏Orangeにらくらくスマートフォンをベースにしたモデルを供給しはじめましたが、国内市場は減少気味。明るめの材料は、京セラが北米市場が好調、ソニーが世界全体でシェアTop10に入っているくらいでしょうか。頑張って欲しいところですヽ(´ー`)ノ

メーカー 2012年度
出荷台数
(万台)
2013年度
出荷台数目標
(万台)
SONY 3300 4200
Kyocera 1100 1200
SHARP 611 680
NEC 240 300※1
Fujitsu 650 500※2
Panasonic 282 260

※1 2012年度決算説明会時で、NECがスマートフォン事業から撤退する前の数値
※2 他社が目標であるのに対し、最低目標として掲げられている

国内メーカーの携帯電話事業が苦境に立たされています。現在、ソニー(ソニーモバイル)や京セラ、シャープ、富士通、パナソニック、NEC(NECカシオ)あたりが行っていますが、NECがスマートフォン事業から撤退、パナソニックも事業見直しを検討中と風前の灯。シャープは少し改善の兆しもありますが、会社自体が危うく。富士通も仏Orangeにらくらくスマートフォンをベースにしたモデルを供給しはじめましたが、国内市場は減少気味。明るめの材料は、京セラが北米市場が好調、ソニーが世界全体でシェアTop10に入っているくらいでしょうか。頑張って欲しいところですヽ(´ー`)ノ

メーカー 2012年度
出荷台数
(万台)
2013年度
出荷台数目標
(万台)
SONY 3300 4200
Kyocera 1100 1200
SHARP 611 680
NEC 240 300※1
Fujitsu 650 500※2
Panasonic 282 260

※1 2012年度決算説明会時で、NECがスマートフォン事業から撤退する前の数値
※2 他社が目標であるのに対し、最低目標として掲げられている

国内メーカーの携帯電話出荷台数比較――2012年度実績および2013年度目標

関連リンク


コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)