NTTドコモ、2013年冬モデルは「スリートップ」!?ソニー、シャープ、富士通を重点販売する方向――ロイター報道


ロイターは14日、NTTドコモが2013年冬モデルにおいてソニー(ソニーモバイルコミュニケーションズ)およびシャープ、富士通の3メーカーを主力端末として重点販売する方向で調整に入ったと報道しています。今夏はソニーとサムスン電子の2メーカーを「ツートップ」として重点販売し、発売後約3ヶ月でソニー「Xperia A SO-04E」が約130万台、サムスン電子「GALAXY S4 SC-04E」が約70万台となっているということです。3メーカーを重点販売するということで「スリートップ」として展開するかどうかなど具体的な販売手法は今後詰めるとしてます。

記事では、GALAXY S4 SC-04Eが伸び悩んでいるため冬商戦は重点販売の対象から外れるとされていますが、恐らくサムスン電子は記事にもあるように冬商戦は「GALAXY Noteシリーズ」の最新モデル「GALAXY Note III」と、もしかしたら昨年と同じように「GALAXY S4」のマイナーバージョンアップ版(「GALAXY SIII α SC-03E」的なところか他の防水対応版「GALAXY S4 Active」など)が投入されると見られ、ラインナップ的に重点販売するモデルではないのかなといったところのほうが大きんではないかと思われます。

ロイターは14日、NTTドコモが2013年冬モデルにおいてソニー(ソニーモバイルコミュニケーションズ)およびシャープ、富士通の3メーカーを主力端末として重点販売する方向で調整に入ったと報道しています。今夏はソニーとサムスン電子の2メーカーを「ツートップ」として重点販売し、発売後約3ヶ月でソニー「Xperia A SO-04E」が約130万台、サムスン電子「GALAXY S4 SC-04E」が約70万台となっているということです。3メーカーを重点販売するということで「スリートップ」として展開するかどうかなど具体的な販売手法は今後詰めるとしてます。

記事では、GALAXY S4 SC-04Eが伸び悩んでいるため冬商戦は重点販売の対象から外れるとされていますが、恐らくサムスン電子は記事にもあるように冬商戦は「GALAXY Noteシリーズ」の最新モデル「GALAXY Note III」と、もしかしたら昨年と同じように「GALAXY S4」のマイナーバージョンアップ版(「GALAXY SIII α SC-03E」的なところか他の防水対応版「GALAXY S4 Active」など)が投入されると見られ、ラインナップ的に重点販売するモデルではないのかなといったところのほうが大きんではないかと思われます。

NTTドコモ、2013年冬モデルは「スリートップ」!?ソニー、シャープ、富士通を重点販売する方向――ロイター報道

NTTドコモ(9437.T: 株価, ニュース, レポート)は、ソニー(6758.T: 株価, ニュース, レポート)、シャープ(6753.T: 株価, ニュース, レポート)、富士通(6702.T: 株価, ニュース, レポート)のスマートフォン(スマホ)を今年の冬商戦の主力端末として重点販売する方向で調整に入った。複数の関係筋によると、特定機種を値引きする夏商戦の「ツートップ」戦略を基本的に踏襲するが、3機種を「スリートップ」として展開するかどうかなど具体的な販売手法は今後詰める。経営再建中のシャープにとってはスマホでの反転攻勢が見込まれ、今期の業績回復に弾みがつきそうだ。

関連リンク


    コメントを残す

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)