ウィルコムへの再参入は「要望と加入者増が理由」と東芝広報


東芝の広報担当者は再開する理由として「ウィルコムから要望があった」ほか,「ウィルコムの契約者数が増えている」ことを挙げた。契約者数が増えることはこういう利点があるのです。いや,利用者増えると逼迫してくるし,インセンティブで赤字になったりするしとかマイナス面もあるのだけども。と,関係ないけど「WILLCOM Sync Mobile」が開始していますよ。無料期間だけ利用とかもOKかしら?(^^;


10 thoughts on “ウィルコムへの再参入は「要望と加入者増が理由」と東芝広報”

  1. 東芝が狙うのも法人需要であり、コンシューマには興味なし。開発費がかさむ高性能端末は作らないでしょうね。ただし、Zero3系のWM6端末は出る可能性ありますね、コレも法人ターゲットで。シャープの成功をそのままにはしておかないでしょう。同じ商品を扱っているわけですし。法人市場への拡大はあり得そうですね。

  2. >>2
    ないでしょ。妄想だから。もちろん法人割合も多いのだから法人も見込むだろうけど、フレンドリーとかいってるので狙いはコンシューマーでしょ。ただしハイエンドではないね。これも妄想だけど。

  3. ウィルコムへの再参入は「要望と加入者増が理由」と東芝広報

    ウィルコムへの再参入は「要望と加入者増が理由」と東芝広報(memn0ckさん) …

  4. >>7
    内部告発は告発先にはある程度身分が明かされるだろ
    完全な匿名じゃ信じる人が少ないから取り上げるかどうかは難しい

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)