ウィルコム“赤耳「RX420AL」”の開発・製造元「アルテル」がユーザーモニターイベントを開催


ウィルコムの超小型PHS通信モジュール「W-SIM」としてはじめて高度化PHS「W-OAM」に対応したアルテル製“赤耳「RX420AL」”ですが,その開発・製造メーカーである「アルテル」が「Wireless Japan 2007」にてユーザー向けのモニターイベントを開催するそうです!アルテルの親会社であるエイビットのブールにRX420ALを持っていき,応募すると開催期間中毎日100台(合計300台)の「SIM STYLE USB ADPTER(型番:AS001)」がもらえるとのこと!こ,これは,いつも重なってるやつじゃね?w やっぱり,“3倍速くなる赤モデル”だよね♪(違ッ まぁ,どちらにせよ,毎年エイビットブースは私の注目ブースです!行くっきゃないっす。抽選はずれたら泣くさorz

[IMG] 20070712_as001.jpg


1 thought on “ウィルコム“赤耳「RX420AL」”の開発・製造元「アルテル」がユーザーモニターイベントを開催”

  1. ほんわかさんに載ってたけど、エイビットが展示してたやつとウィルコムが展示してたやつってスロットの位置が違ってたんですね

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください