ウィルコム「WX320KR」が販売停止&「WX320K」の最新ファームウェアが公開中止


ウィルコム向けとなる京セラ製「WX320KR」および「WX320K」の最新ファームェアVer.2.0.4.15にまれにパケット通信が不安定になる事象が確認されたためWX320KRについてはしばらくの間販売を一時停止し,WX320Kについてはバージョンアップソフトウェアのダウンロードを一時停止するとのことです。うわわぁ~ん。なぜか手元に不良端末が4台くらいあるよw そして,なにより悲しいのは対象台数が両機合わせて約2,200台というところ。少ない(ToT) みんなファームアップしないのねぇ~。まぁ,某M$のようにこっそりやられるのもあれだけどもw

[IMG] s_20070914_willcom_01.jpg

関連記事


2 thoughts on “ウィルコム「WX320KR」が販売停止&「WX320K」の最新ファームウェアが公開中止”

  1. > そして,なにより悲しいのは対象台数が両機合わせて約2,200台というところ。少ない(ToT) みんなファームアップしないのねぇ~。
    WILLCOM NEWSの関連記事のコメント欄で指摘されてますけど、ケータイWatchの記事の後段に『「WX320K」についてはファームウェアのダウンロード数は把握しているものの、それが適用されたかどうかは判別できない』そうなので、その数字は適用されて出荷された端末の販売台数の合計なんでしょう (こういう数字には在庫分は含まないでいいのかな)。
    WX320KR自体、というかウィルコム向けの音声端末って発売前にあまり大々的な宣伝を打たないみたいだから、初動は大きくないんでしょう。発売前になんどかプラザに寄ったけど、パンフレットすら置いて無かったですし。

  2. [WX320K]ファームウェアアップデート後のopera:*

    不具合発覚により公開中止になったWX320Kのファームウェアを適用してしまったmatsuuですこんにちは。 つーことで、次のファームウェアリリースに備え…

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)