KDDIがau向け2008年春モデルを10機種発表!電子ペーパー搭載機種や生活密着を推進


KDDIがau向けとなる「2008年春モデル」として10機種を発表しています。発表されたのは,「W61SA」「W61T」「Cyber-shotケータイ“W61S”」「W61CA」「W62SA」「W61H」「W61K」「W61P」「W62S」「W61PT」。2007年秋冬モデルとなる「W56T」「W54S」とともに早速「W61CA」が2/1(金)に発売される。さらに,「AQUOSケータイ“W61SH”」に新色フレッシュグリーンとマリンブルーが追加されるそうですよ。以下,発表会時における各メディアへのリンクや概要をまとめます。各機種の情報は別途Wikiの個別ページのほうにまとめていく予定です。しかし,意外とKCP+採用機種って少ないんですね。W61CAかW62SAがKCP+だったら間違いなく買ってたんですけど違うらしいので悩みます。W56SAかW61Sかなぁ…。

W61SA 三洋電機 スライド 3月下旬以降 3.0インチフルWQVGA有機ELディスプレイ&タッチオペレーションに対応
W61T 東芝 折りたたみ 2月中旬以降 新しいスポーツと音楽の融合サービス「au Smart Sports」に対応
W61S ソニエリ スライド 3月下旬以降 511万画素カメラ搭載“Cyber-shotケータイ”
W61CA カシオ計算機 回転2軸折りたたみ 2月1日~順次 515万画素カメラ&防水IPX5/IPX7に対応
W62SA 三洋電機 回転2軸折りたたみ 2月中旬以降 防水に対応したスリムワンセグケータイ
W61H 日立製作所 折りたたみ 2月中旬以降 国内初電子ペーパーサブディスプレイ搭載“アメイジングフェイス ケータイ”
W61K 京セラ 折りたたみ 2月上旬以降 スリム&コンパクトな美しいイルミネーション搭載のワンセグケータイ
W61P パナソニック 折りたたみ 2月中旬以降 ワンプッシュオープン&ワンセグ内蔵アンテナ搭載。薄さ約12.9mmの“薄型”ワンセグケータイ
W62S ソニエリ 折りたたみ 3月上旬以降 au初となるGSM対応(グローバルパスポートGSM)でスタンダードな海外ケータイ
W61PT パンテック&キュリテル スライド 2月下旬以降 パンテック初WIN端末で薄さ14mmとなるコンパクトケータイ

[IMG] 20080128_au_01.jpg

総合ニュース/発表会レポート

W56T/W54S/W61CAを2/1に発売開始

AQUOSケータイ W61SHに新色追加

au Smart Sports

LISMO Video

国際ローミング値下げ

ERサーチ

春キャンペーン

「au one メール」絵文字対応

「au one GREE」200万突破

イメージキャラクターに「嵐」起用

W61SA

三洋電機(大阪)製で,KCP+を採用したスライドケータイ。スライドを閉じると前面にキーない“Full Front スタイル(フルフェイス)”タイプで,タッチパネルによる操作に対応した。3.0インチフルWQVGA(240×432dot)有機ELディスプレイで,強化ガラスに密着させたファインパネルとなる。Bluetooth・ワンセグ・au Smart Sports(Run&Walk)・AF対応199万画素CMOSカメラ・FMトランスミッター・microSD・au one ガジェット・マルチプレイウィンドウ・LISMO Video・着うたフル・EZナビウォーク・オープンアプリプレーヤーなどが利用可能。音響として新しく発表された高音質化技術「netK2」にも対応している。サイズが約51×108×17.3mm,質量が約139g,ボディカラーがフュージョンブラック・イノセンスホワイト・グレースピンクの3色。基本操作部分は「W54SA」と同等。

W61T

東芝製で,KCP+を採用した折りたたみ型“REGZAケータイ”。厚さ18.9mm(サイズ約50×98×18.9mm)で,質量が118gのコンパクトボディ。2.8インチWQVGA(240×400dot)有機EL(262,144色表示)・Bluetooth・EV-DO Rev.A・ワンセグ・赤外線・microSD・EZ FeliCa・AF対応324万画素CMOSカメラ・オーディオ機器連携・au one ガジェット・マルチプレイウィンドウ・LISMO Video・着うたフル・EZナビウォーク・オープンアプリプレーヤーに対応。ただし,テレビ電話には対応しない。ワンセグ用受信アンテナは内蔵されているが,イヤホン兼用となる外部マイクも同梱される。ボディカラーは,アスレチックホワイト・ダンシングピンク・セイリングブルーの3色。価格は,フルサポートコース利用時の新規販売価格は10,000円台前半の見込み。W56Tと比べデザインやサイズが女性向けとなっている。

Cyber-shotケータイ“W61S”

ソニー・エリクソン製で,KCP+を採用したスライド型“Cyber-shotケータイ”。オートフォーカスや手ぶれ補正に対応した511万画素CMOSカメラを搭載。カメラ機能としては,顔を検出して自動的にピントや明るさを最適化する機能「顔キメLite」や笑顔にあわせて自動的にシャッターを切る「スマイルシャッターLite」に対応している。また,SONYのデジタル一眼レフ「αシリーズ」と同じカラムAD変換技術を採用したソニー製CMOSセンサー「Exmor」を採用しており,光学3倍ズームや3cmのマクロ撮影が可能となっている。LEDフラッシュ・ISO1600撮影とあわせて暗いところでも失敗しないように工夫されているという。2.8インチWVGA(480×800dot)の透過型TFT(最大26万色表示)・Bluetooth・ワンセグ(「BRAVIA」の映像補正技術を応用した映像エンジン「Reality MAX」搭載)・au Smart Sports・LISMO Video/LISMO(ビデオクリップ)・microSD・オーディオ機器連携・au one ガジェット・マルチプレイウィンドウ・着うたフル・EZテレビ(ワンセグ)・EZナビウォーク・おサイフケータイ(EZ FeliCa)・オープンアプリプレーヤーに対応。サイズが約50×114×22(最厚部24mm),質量が約149g,ボディカラーがスペクトラムピンク・シャドウブラック・プリズムホワイトの3色。フルサポートコース利用時の新規価格は2万円台前半の見込み。

W61CA

カシオ計算機製で,非KCP+な回転2軸折りたたみ型ケータイ。防水(IPX5/IPX7)および515万画素CMOSカメラ搭載。W53CAと同等の28mmの広角レンズや独自の画像処理「EXILIMエンジン」・6軸手ぶれ補正・9ポイントAFなどの機能を有する。2.7インチWQVGA(240×400dot)液晶・ワンセグ・緊急地震速報・EZナビウォーク・おサイフケータイ・LISMO・フルブラウザ・オープンアプリプレーヤー・microSD・内蔵100MB・au Smart Sportsに対応。サイズが約50×106×18.9mm,質量が約132g,ボディーカラーがクチュールゴールド・モードグリーン・エスプリイエロー・ローブホワイトの4色。

W62SA

三洋電機(鳥取)製で,非KCP+な回転2軸折りたたみ型ケータイ。防水(IPX5/IPX7)・2.8インチWQVGA(240×400dot)IPS液晶・microSD・AF対応197万画素CMOSカメラ・FMトランスミッター・au Smart Sports・LISMO(ビデオクリップ)・着うたフル・EZナビウォーク・オープンアプリプレーヤー・赤外線に対応。サイズが約51×106×19.5(最厚部22mm),質量が約158g,ボディーカラーがアクアティックブルー・シェリーホワイト・ラタンブラウンの3色。

W61H

日立製作所製,非KCP+な折りたたみ型“アメイジングフェイス ケータイ”。背面に電子ペーパーディスプレイ「シルエットスクリーン」を搭載。2.8インチWQVGA(240×400dot)IPS液晶(最大26万色表示)・microSD(最大2GB)・AF対応197万画素CMOSカメラ・内蔵メモリ100MB・au Smart Sports・うたフル・EZナビウォーク・オープンアプリプレーヤー・EZ FeliCa(おサイフケータイ)に対応。サイズが約51×107×16.9mm(最厚部19.8mm),質量が約137g,ボディーカラーがクリスタルホワイト・リキッドグリーン・グラファイトブラックの3色。フルサポートコース利用時の新規価格は10,000円前後の見込み。

W61K

京セラ製で,非KCP+な折りたたみ型コンパクトケータイ。「カービングイルミネーション」のために14個の白色LEDが埋め込まれている。2.7インチWQVGA(240×400dot)TFT透過型液晶(強化ガラス)・AF対応197万画素CMOSカメラ・microSD(最大2GB)・フレンドリーデザイン・ワンタッチ文字サイズ切替・長持ちモード・LISMO(ビデオクリップ)・PCサイトビューアー・オープンアプリプレーヤー・au Smart Sports・EZ FeliCa(おサイフケータイ)に対応。新機能の「フェイク着信」は,通話しているふりができるというもの(笑)。サイズが約47×99×17.8mm(最厚部18mm),質量が約117g,ボディカラーがセレニティーピンク・グリマーホワイト・バーニッシュブラックの3色。フルサポートコース利用時の新規価格は10,000円前後の見込み。

W61P

パナソニックモバイルコミュニケーション製,非KCP+なワンプッシュオープン対応折りたたみ型ケータイ。400カンデラの明るさを誇る約2.9インチWQVGA(240×400dot)液晶・約0.8インチで96×25dotの有機ELサブディスプレイ・microSD(最大2GB)・207万画素CMOSカメラ・au Smart Sports・LISMO・着うたフル・EZナビウォーク・EZ FeliCa(おサイフケータイ)・オープンアプリプレーヤーに対応。サイズが約50×108×12.9mm(最厚部15.9mm),質量が約107g,ボディーカラーがルッソブルー・グラツィアホワイト・フィーノブラック・ジェンティーレゴールド・スプレーモレッドの5色。フルサポートコースを利用した場合の新規契約価格は10,000円台前半になる見通し。

W62S

ソニー・エリクソン製で,非KCP+な折りたたみ型ケータイ。au初となるGSM対応の海外ケータイで,単体で国際ローミングサービス「グローバルパスポート GSM(3月15日にグローバルエキスパートから改称)」が利用できる。約2.7インチフルWQVGA(240×432dot)TFT液晶・約1.1インチで128×36dotの有機ELサブディスプレイ・AF対応201万画素CMOSカメラ・microSD(最大2GB)・au Smart Sports・フェイク着信・LISMO・着うたフル・EZナビウォーク・EZ FeliCa(おサイフケータイ)・カメラでケンサク!ERサーチ・オープンアプリプレーヤーなどに対応。サイズが約48×101×16.9mm,質量が約119g,ボディーカラーがシルバー×レザー・ブラック×ローズ・ホワイト×ライムの3種類。フロントパネルの素材にはケータイではじめて「ジュラルミン」を採用している。フルサポートコースを利用した場合の新規契約価格は10,000円台前半になる見通し。

W61PT

パンテック&キュリテル製で,非KCP+なスライド端末。P&Cとしてはじめての1X WIN端末。約2.4インチQVGA(240×320dot)液晶・AF対応197万画素CMOSカメラ・microSD(最大2GB)・au Smart Sports・カメラでケンサク!ERサーチ・LISMO・着うたフル・EZナビウォーク・オープンアプリプレーヤーなどに対応。サイズが約51×105×14.2mm(最厚部約15.4mm),質量が約112g,ボディーカラーがノーブルホワイト・エレガントピンク・ミッドナイトブラックの3色。フルサポートコースを利用した場合の新規契約価格は10,000円前後になる見通し。


コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)