ウィルコムが「HONEY BEE 2」のカメラにフレーム機能を追加するファームウェアが公開


ウィルコムが京セラ製「HONEY BEE 2(型番:WX331KC)」の最新ファームウェアが公開されています。端末からのみのアップデートに対応しており,「センターキー(メニュー)」押下→「機能」を選択→「9 その他設定」を選択→「7 ソフトウェア更新」を選択→「1 ソフトウェア更新」を選択すると更新できます。

変更点は以下の通り。ソフトウェアの更新には,ソフトウェアのダウンロードに約5分,電話機内のソフトウェアの更新に約30分で合計35分程度かかるとのことです。要望が多かったんですかね。機能がアップされるのは嬉しいところ~

  1. カメラにフレーム機能を追加しました。
     ※ フレームにつきましては京セラサイトK(http://wx-k.kyocera.co.jp/wx/)にてご提供しております。京セラサイトKからお好みのフレームをダウンロードしてお使いください。(通信料はお客様のご負担となります。)
     ※ フレーム機能の詳細につきましては、取扱説明書 P.98「モニター画面のメニューを使う」をご参照ください。

関連リンク


1 thought on “ウィルコムが「HONEY BEE 2」のカメラにフレーム機能を追加するファームウェアが公開”

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)