ウィルコムが既存PHSとXGPで会社分割か?会社更生法を活用でソフトバンク支援と報道


私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決)の手続きを進めているウィルコムが債権者である金融機関に対する債権者集会を昨日開催したとお伝えしましたが,それを受けてだと思うのですが今朝の日本経済新聞の朝刊一面に企業再生支援機構を利用してソフトバンクが支援しPHSとXGPを別会社に分割して再建する案が浮上しているとのことです。分割しても連携すればいいのですけどどうなることやら。ひとまずいつもどおり(,゚Д゚)チョーガンガレ!!! 公式コメントは当然ながら憶測記事…と。

 PHS最大手のウィルコムは会社更生法を活用して再建を目指す方向で、支援を仰ぐ公的機関の企業再生支援機構やソフトバンクと最終調整に入った。取引金融機関などと再建計画作りを進めてきたが調整は難航。PHSサービスを継続しながら手続きの透明性を確保して抜本的な再建を進めるには、法的整理による裁判所の関与が不可欠と判断した。

 ウィルコムは機構とソフトバンクの支援を前提に更生法の適用を申請する「プレパッケージ(事前調整)型」の法的整理手法を活用する。同手法は日本航空の再建にも使われている。

[IMG] s_20100127_willcom_01.jpg

関連リンク


3 thoughts on “ウィルコムが既存PHSとXGPで会社分割か?会社更生法を活用でソフトバンク支援と報道”

  1. 紙面見てないですが、「次世代事業」という表現のようですので、いわゆる「2.5GHz帯での事業免許を買い叩かれる」ということですかねぇ。

  2. ウィルコム、会社更生法申請へ
    PHS最大手のウィルコムは会社更生法を活用して再建を目指す方向で、
    支援を仰ぐ公的機関の企業再生支援機構やソフトバンクと最終調整に入った。
    取引金融機関などと再建計画作りを進めてきたが調整は難航。
    PHSサービスを継続しながら手続きの透明性を確保して抜本的な再建を
    進めるには、法的整理による裁判所の関与が不可欠と判断した。
    ウィルコムは機構とソフトバンクの支援を前提に更生法の適用を申請する「プレパッケージ(事前調整)型」の
    法的整理手法を活用する。同手法は日本航空の再建にも使われている。
    ウィルコムは2月にも東京地裁に更生法適用を申請する方向で調整している。
    機構とソフトバンクは更生手続き開始決定後、速やかに出資を含む支援を表明する方向だ。
    ただ機構内にはPHS事業の将来性を不安視する意見もあり、支援の可否を慎重に判断する。
    両者とともに支援を検討している投資ファンドのアドバンテッジパートナーズが出資するかは調整中。
    機構はウィルコムを現行のPHS事業を手掛ける会社と、通信速度が早い次世代PHS事業を
    手掛ける会社に分割する案を検討している。現行PHS会社の再建は機構が、
    次世代PHSの展開はソフトバンクがそれぞれ主導する見通しだ。
    昨年9月末時点のウィルコムの負債総額は、金融機関からの借り入れ935億円を含め計1731億円。
    ウィルコムと機構は金融機関などに対し総額1000億円超の債権放棄を求める方針だ。
    ウィルコムには米投資ファンドのカーライル・グループが60%、京セラが30%、KDDIが10%出資している。
    再生案では支援決定後に株主責任を明確にするため、100%減資を実施する。
    ウィルコムは過去の設備投資に伴う多額の負債が重荷となり昨年9月に私的整理手法の
    事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続きを開始したが、金融機関などとの調整は難航。
    機構の活用を検討しているが、再建手続きをより透明にするには法的整理が必要との判断で関係者がほぼ一致した。
    ただ更生法の活用で顧客離れやブランド価値の低下も懸念される。09年12月末のウィルコムの
    PHS加入者は約430万件。携帯電話会社との競争激化で08年12月末に比べ27万件減少するなど苦戦が続いている。
    1/27 日経朝刊

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)