KDDIがau向けにJavaアプリプラットフォーム「EZアプリ(J)」発表!来春から提供開始


KDDIがau向け携帯電話において2011年春からJavaベースのアプリケーションプラットフォーム「EZアプリ(J)」を提供することを発表しています。ひっそりとオープンアプリプレイヤーが非搭載になってたりもしますが,「オープンアプリプレイヤー」をベースに3D描画機能やデータのSDカード書き込み機能などが追加されたJavaアプリ実行環境としてパワーアップするようです。これまでのBREW版EZアプリが2011年春から「EZアプリ(B)」に改称されるとのこと。公式コンテンツプロバイダだけでなく,一般のアプリケーション開発者にも公開とのことで期待したいですねぇ~ヾ(o´∀`o)ノ

[IMG] s_20101027_ezappjava_00.jpg

サービス開始時点で対応している携帯電話「T006」のみ。対応モデルは順次拡大予定。開発者に対して「EZfactory」にてアプリケーション作成ガイドを公開するとのこと。

新プラットフォーム機能概要

機能 内容
Java実行環境構成 J2ME/CLDC1.1/MIDP2.0 + 拡張API
アプリから利用可能なメモリ (RAM) 16MB
アプリサイズ 最大2MB
通信機能 HTTP/HTTPS
サウンド機能 MIDI + SMAF Phrase
3Dグラフィックス描画機能 MascotCapsule V3、OpenGL ES (独自拡張)
SDカードアクセス JSR-75 FileConnection API経由

関連リンク


コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)