ソフトバンクとウィルコム、2012年夏モデル12機種50色を発表!PHS/3G対応のウィルコム初Androidスマートフォン「DIGNO DUAL WX04K」が登場


ソフトバンクモバイルおよびウィルコムは29日、2012年夏以降に発売する予定の新モデル「ソフトバンクモバイル・ウィルコム新商品発表会 2012 Summer」の発表会を行いました。Twitterアカウント「@SoftBank」やFacebookアカウント「SoftBank」でも詳細をつぶやいていたり、投稿したりしているようですので、ご確認ください。

今回発表された機種は、ソフトバンク向けのスマートフォンが「PANTONE 5 107SH」「AQUOS PHONE XX 106SH」「ARROWS A 101F」「AQUOS PHONE 102SHII」の4機種、ケータイが「THE PREMIUM WATERPROOF 109SH」「COLOR LIFE 103P」「かんたん携帯 108SH」の3機種、モバイルWi-Fiルーターが「ULTRA WiFi 4G 102HW」「ULTRA WiFi 4G 102Z」の2機種で合計9機種。

ウィルコム向けのスマートフォンが「DIGNO DUAL WX04k」の1機種、ケータイが「Casablanca WX05K」「PANTONE WX01SH」の2機種の合計3機種。

総勢12機種で50色というラインナップになっています。特に、ソフトバンク向けは全機種プラチナバンド(900MHHz帯)に対応しており、世界初放射線測定機能搭載のPANTONE 5 107SHがあったり、ウィルコム向けでは3G+PHS対応のAndroidスマートフォンがあるなど、話題性としてはなかなかかと思われます。

はい、どこかのコピペです(((

index_02

index_05

index_04

昨年夏は震災直後ということで発表会を自粛した。今年は新機種を発表できるということで喜ばしいことだ。

今年のキーワードはネットワーク。今はなんといってもスマホ。新製品はスマホ花ざかりになる。

index_03

そのスマホについては、日本でのスマホの先駆者はソフトバンクだと自負している。アップルとの提携が第一歩となった。

スマホブームを牽引したという自負があるが、ソフトバンクグループの最大の課題はネットワークの繋がりにくさというのがあった。

ネットワークのつながりやすさという点で今新たに注目されているのが、通信速度になる。速度面については、Wi-Fi、ULTRA SPEED、SoftBank 4Gといったサービスを開始している。

つながりやすさについてもこれまでの改善を行なってきており、基地局は2年間で3倍、フェムトセル基地局を導入している。

さらに、プラチナバンド(900MHz帯)を獲得したことで、プラチナバンドによるサービスを7月25日からスタートする。

一般常識の3倍4倍のスピードでプラチナバンド対応基地局を整備している。垂直立ち上げに全力を注いでいる。プラチナバンドにはソフトバンクグループの意地をかけている。

NTTドコモやauはすでに何年前からプラチナバンドを活用できていたが、ソフトバンクにはなかった。これに対して、努力がないから、技術がないからつながりにくいんだというお叱りを受けていたが、いよいよプラチナバンドの許認可を受けて、ソフトバンクもつながりやすくなるようにできると思っている。

技術力が劣っていたわけではなく、努力をしようということが劣っていたわけでもない。プラチナバンドがなかったからつながりにくかった。今回、ソフトバンクがプラチナバンドの許認可を得たことで、他社と同等の条件となった。これでソフトバンクがつながりくいままだったらまずいので、なんとしてでもつながりやすくなるように努めたい。

例えば、プラチナバンドを得たことで、ビルの裏側に回りこんだり、郊外でのエリアも広がる。

どこでもつながるソフトバンク、とテーマに2012年夏モデル全機種プラチナバンド対応した。端末開発には1年以上かかるが、基地局だけでなく、プラチナバンド対応チップを準備していた。

◯ソフトバンク向け
■ PANTONE 5 107SH
小型化、省電力化を実現した放射線センサーを開発し、世界初、放射線測定機能を搭載。華やかな8色のカラー展開の防水PANTONEスマートフォン。「プラチナバンド」対応、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線、オリジナルウィジェットなど多彩な機能を搭載。2012年7月中旬以降発売予定。
ソフトバンク、世界初、放射線測定機能搭載!プラチナバンド対応Android 4.0 ICS搭載スマートフォン「PANTONE5 107SH」を発表!ワンセグ・おサイフ・赤外線にも対応
・「PANTONE 5 107SH」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ AQOUS PHONE XX(ダブルエックス) 106SH
下り最大42Mbpsの高速通信が可能な「ULTRA SPEED」対応スマートフォン。高精彩4.7インチHD液晶に、快適な操作を実現する1.5GHzデュアルコアCPUを搭載し、快適な操作性を実現。「プラチナバンド」にも対応。2012年7月上旬以降発売予定。
ソフトバンク、プラチナバンド対応Android 4.0 ICS搭載スマートフォン「AQUOS PHONE Xx 106SH」を発表!ULTRA SPEEDや4.7インチHD液晶
・「AQOUS PHONE XX 106SH」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ ARROWS A(エース) 101F
ソフトバンクとして初の富士通製で、4.3インチの有機ELディスプレーで圧倒的な映像美を体験できるハイスペック防水スマートフォン。下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応し、高速な処理性能を持つ1.5GHzデュアルコアCPUを搭載。「プラチナバンド」にも対応。2012年7月下旬以降発売予定。
ソフトバンク、プラチナバンド対応Android 4.0 ICS搭載スマートフォン「ARROWS A 101F」を発表!ULTRA SPEEDやスマート指紋センサーなど対応
・「ARROWS A 101F」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ AQUOS PHONE 102SHII
「プラチナバンド」対応、大画面4.5インチの高精細HD液晶搭載防水スマートフォン。下り最大21Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応し、デュアルコアCPUも搭載。2012年7月上旬以降発売予定。
ソフトバンク、プラチナバンド対応Androidスマートフォン「AQUOS PHONE 102SH II」を発表!ULTRA SPEEDや高精細4.5インチ液晶、防水・防塵、1210万画素カメラ搭載
プラチナバンドにも対応!リニューアルした全部入りスマートフォン「AQUOS PHONE 102SH II」を写真と動画でチェック【レポート】

■ THE PREMIUM WATERPROOF 109SH
金属の質感の上質なデザインに、高精細1,210万画素カメラを搭載したプレミアム防水ケータイ。「プラチナバンド」「緊急速報メール」、ワンセグ、Bluetoothなど充実の機能。2012年9月下旬以降発売予定。
ソフトバンク、1210万画素カメラ搭載プラチナバンド対応防水ケータイ「THE PREMIUM9 WATERPROOF 109SH」を発表!ワンセグ・おサイフ・赤外線にも対応
・「THE PREMIUM WATERPROOF 109SH」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ COLOR LIFE 3 103P
上質な8色から好きな色を選べるスタイリッシュなデザインのケータイ。「プラチナバンド」対応、長時間待ち受け、約510万画素カメラ、「緊急速報メール」など充実の機能を搭載。2012年7月中旬以降発売予定。
ソフトバンク、選べる8色カラフルでスタイリッシュ!プラチナバンド対応ケータイ「COLOR LIFE3 103P」を発表!長時間待ち受けでワンセグ・赤外線にも対応
・「COLOR LIFE 3 103P」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ かんたん携帯 108SH
「プラチナバンド」や「緊急速報メール」に対応するシニア向け防水ケータイ。通話中にはっきり相手の声が聞こえる新機能「トリプルくっきりトーク」も搭載。2012年7月下旬以降発売予定。
ソフトバンク、プラチナバンド対応かんたん携帯「かんたん携帯 108SH」を発表!わかりやすいキー操作や相手の声がはっきり聞こえる「トリプルくっきりトーク」を搭載
・「かんたん携帯 108SH」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ ULTRA WiFi 4G 102HW
「SoftBank 4G」に対応し、史上最速の下り最大110Mbpsの高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター。簡単にファイル共有できるNAS機能に対応し、大容量バッテリーも搭載。2012年9月以降発売予定。
ソフトバンク、史上最速下り最大110Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 102HW」を発表!SoftBank 4GおよびULTRA SPEEDに対応
・「ULTRA WiFi 4G 102HW」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ ULTRA WiFi 4G 102Z
「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsの高速通信が可能なモバイルWi-Fiルーター。気軽に持ち運べるコンパクトなデザインで、Wi-Fi対応機器を最大10台まで同時接続可能。2012年8月以降発売予定。
ソフトバンク、SoftBank 4Gに対応で下り最大76MbpsのモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 102Z」を発表
・「ULTRA WiFi 4G 102Z」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

◯ウィルコム向け
■ DIGNO DUAL WX04K
ウィルコム初のAndroidスマートフォンで、PHSと3Gのデュアル方式対応で、「ULTRA SPEED」(下り最大21Mbps)や「だれとでも定額」に対応。1.2GHzデュアルコアCPU、、ワンセグ、防水、赤外線対応。2012年6月21日発売予定。
ウィルコム、ULTRA SPEEDとPHSに対応したAndroidスマートフォン「DIGNO DUAL WX04K」を発表!防水やワンセグ、赤外線などに対応
・「DIGNO DUAL WX04K」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ Casablanca WX05K
使いやすさ、見やすさ、押しやすさを極めたケータイ。「でか文字」「でかメニュー」「はっきり通話」など安心の機能を搭載。2012年6月7日発売予定。
ウィルコム、相手の声が聞き取りやすい「ゆっくり通話」「はっきり通話」を搭載したPHS「Casablanca WX05K」を発表
・「Casablanca WX05K」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

■ PANTONE WX01SH
鮮やかなカラーから選べる全7色のPANTONEケータイ。コンパクトボディーに、使いやすいユーザーインターフェース。2012年8月上旬以降発売予定。
ウィルコム、世界的な色彩規格のリーディングカンパニーであるPANTONE社とのコラボPHS「PANTONE WX01SH」を発表
・「PANTONE WX01SH」を写真と動画でチェック【レポート】(後日公開予定)

◯ 質疑応答
■ テザリングに対してはどうなるのか?
→ネットワークに対しては他社も難しい状況。ただでさえネットワークが厳しい状況なので、その状態でテザリングに対応するべきなのかどうか。現在も検討中。

■ 放射線測定は規格に準拠しているのか?
→業界に規格があるが、それに準拠している。

■ PANTONE 5の放射性測定は定期的に校正を行わないと正確な値が出ないかと思うが、その点はどのようにするのか?
→出荷時に1品1品チェックをしているので、大丈夫ではないかと思っている。プロ用の機材も世の中にはあり、正確に小数点4桁5桁まで測定するならそれらを利用し、それらは大きいので普段持ち歩くのには適していないのではないか。一般の機材は一回出荷したらそのまま利用するということになるので、PANTONE 5についてもそうなる。

■ iPhoneに力を入れているが、Androidとのソフトバンクにおける比率はどうなるのか?夏商戦でiPhoneとAndroidの販売比率はどうなると思っているのか?
→従来から明言しないことにしている。iPhoneも他社からも出てきて、そちらにユーザーが取れるという杞憂もあったが、ユーザーはむしろ増えている。ユーザーのニーズが色々な機能を求めることもあり、iPhoneだけでなくそれらについてはAndroidで対応していくということになる。

■ URTRA SPEEDについてはエリアは見せてもらったのでわかったが、プラチナバンドのサービスインでのエリアはどうなるのか?本年度末ですとか、エリア予定がわかれば、教えていただければと。
→7月段階では徐々に立ちあげていく。ネットワーク全体を倒さないように、最初は数百というレベル、年末には数千のかなり上のほう、今年度末には万のレベルの基地局が対応する予定。場所的には東名阪が重点的に展開していくか、同時並行で全国的に展開していくつもりだ。

■ Windows Phoneについて聞きたい。プリモバイルでWindows Mobileに対応したが、Windows Phoneについて導入予定はあるのか?
→将来についてはコメントしない方針なので何も言わない。

■ 現状の帯域制限のままだと、他社よりも速いながら他社よりも帯域制限が厳しいということになるが、このままになるのか?
→様子を見ながらということになるが、他社もネットワークが厳しい状況になっているが、一旦制限を決めたらより厳しくすると不満度が高くなるので慎重に様子を見ながらとしたい。一部の3%のユーザーがほとんどのトラフィックを占有しているので、それらのバランスを見て調整していきたい。

■ PANTONE 5に専用料金プランを導入するとのことだが、具体的にどうなるのか?
→具体的にはまだ発表できないが、キャンペーンという形で展開する予定。一台でも放射線測定が必要な人も含めて手軽に使えるスマートフォンを提供したいので、PANTONE 5

■ 放射線測定は測定した結果はAndroidの機能でソーシャル連携ができるようになっているのか?
→地表から1mくらいのところで測定するというのが標準的な測定方法なので、人によっては地表近くで測定したりということもあり、人によって測定基準が違ってきて、それによって風評被害などがでてくる場合もあるので、ひとまずは、測定できるということを想定している。人によってばらつきがない測定ができるようであれば、ソーシャルでデータを共有できるようなことも考えたい。


カテゴリー: SoftBank, WILLCOM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)