Kyocera、米携帯電話事業者最大手Verizonに9月にもスマホを投入へ!日経新聞が報道


京セラが9月にも米携帯電話最大手Verizon Wireless(ベライゾン)にスマートフォンを供給すると日本経済新聞が報じています。京セラは現在、米携帯電話3位のSprint Communications(スプリント)にスマートフォンを供給していますが、これに加えて、ベライズン向けにも供給することになるようです。

ベライズン向けには、防水や防塵に対応するほか、画面の振動によって音声を一段と聞こえやすくする「スマートソニックレシーバー」搭載などに対応したスマートフォンを投入。日本で培った技術を武器に北米市場の開拓を加速するとしています。

京セラが9月にも米携帯電話最大手Verizon Wireless(ベライゾン)にスマートフォンを供給すると日本経済新聞が報じています。京セラは現在、米携帯電話3位のSprint Communications(スプリント)にスマートフォンを供給していますが、これに加えて、ベライズン向けにも供給することになるようです。

ベライズン向けには、防水や防塵に対応するほか、画面の振動によって音声を一段と聞こえやすくする「スマートソニックレシーバー」搭載などに対応したスマートフォンを投入。日本で培った技術を武器に北米市場の開拓を加速するとしています。

Kyocera、米携帯電話事業者最大手Verizonに9月にもスマホを投入へ!日経新聞が報道

京セラは9月にも米携帯電話最大手のベライゾンの契約者向けにスマートフォン(スマホ)を発売する。防水など独自の機能を持つ商品力が評価された。これまで米国では携帯3位のスプリント・ネクステル向けが主体だった。海外メーカーの台頭で日本の携帯電話メーカーは苦戦を強いられているが、京セラは日本で培った技術を武器に北米市場の開拓を加速する。

関連リンク


コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)