NTTドコモがAndroidスマートフォン「LYNX SH-10B」のソフトウェア更新を提供開始


NTTドコモがAndroid OS 1.6を搭載したシャープ製スマートフォン「docomo SmartPhone LYNX SH-10B」において9月9日(木)に見つかっていた不具合を解消するためにネットワーク経由による本体ファームウェアをバージョンアップするサービス「ソフトウェア更新」の提供を開始したことをお知らせしています。悪意のあるアプリケーションがインストールされた場合にキーボード操作履歴が第三者に取得されるという脆弱性で,この不具合によって現在販売が一時停止されています。9月13日(月)時点でも脆弱性を突くアプリケーションは確認されていないとのことで,ユーザーからも被害申告もないとのこと。持っている人は更新しておきましょう~(。・ω・。)ノシ

[IMG] s_20100913_lynxsh10b_00.jpg

修正される不具合は,1点となっています。更新ははじめて。手動更新する場合にはメインメニューの「設定」→「システム」→「ソフトウェア更新」から実行。また,自動更新機能が用意されていてあらかじめ指定した時間になると自動的に更新されます。初期設定では2時~4時になっています。なお,更新中は他の機能は利用できないので注意しましょう。

主な修正点

  1. 悪意のあるアプリケーション※1がインストールされた場合に、お客様のキーボード操作履歴が第三者により取得される場合がある。

※1 2010年9月13日時点で、本事象が発生するアプリケーションは確認しておりません。
※2 ソフトウェア更新を行う際のパケット通信料は無料ですが、mopera U Uライトプランをご契約で、今月のご利用をいただいていない場合、今回のソフトウェアの自動更新にあたり、新しいソフトウェアをダウンロードするため、 mopera Uに接続を行い、315円(税込)の月額料金が発生いたします。あらかじめご了承ください。

対象機種

機種 主な改善内容 ソフトウェア更新
所要時間
(1)
SHARP SH-10B 約13分

関連リンク


コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)