ウィルコムおよびUQコミュニケーションズに基地局および端末における包括免許が交付


総務省 関東総合通信局がウィルコムおよびUQコミュニケーションズに対して「2.5GHz帯BWA(広域無線通信)サービス」における端末の包括免許を交付したことを発表しています。これに対してすでにウィルコムでは基地局初号機の免許も取得したことを発表しています。包括免許の割当が適当であるという答申を受けて正式に交付されたということでo(*^▽^*)o ウィルコムは「次世代PHS(XGP)」を用いた「WILLCOM CORE」を来春から試験サービスをして来秋以降に正式サービスを行い,UQコミュニケーションズは「モバイルWiMAX」を用いたサービスを209年2月末から試験サービスをして来夏頃から正式サービスを行う予定。

また,次世代PHSを使った防犯カメラシステムなどの普及を模索する「BWAユビキタスネットワーク研究会」が2008年12月17日(水)に研究会部会/審議会合同会を開催したとのことでその内容が公開されています。

関連リンク


1 thought on “ウィルコムおよびUQコミュニケーションズに基地局および端末における包括免許が交付”

  1. ウィルコムは端末の包括免許と基地局 (1基) の免許、UQは端末の包括免許です。UQの基地局免許の最初のものは8月27日に交付済みです。
    http://memn0ck.com/log20080827.html
    ウィルコムが取得した基地局免許が1基分のみ、というのはケータイWatchの記事に出ています。まぁ申請時点で認定済みのものが1基だけですので…。
    http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/43310.html
    しかしこれは…
    http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20385177,00.htm

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください